トップページプロモーション事業 - DMマーケティング

DMマーケティング

DMの3大構成要素と高レスポンスを獲得する仕掛け

DMマーケティングでは、リストのウエイトは40%とされますが、成否のカギ
を握っているのは発送先リストであることは間違いありません。
このリストを属性分析し、4タイプに分け、それぞれの属性にマッチしたDMを
展開したところ、従来のDMより2.5倍のレスポンス(反応)がありました。

2.5倍のレスポンスが獲得できたDMの展開プロセス

コストパフォーマンスは約2倍に向上

4通りのDMを制作するコストは増加します。とはいえ、部分差し替えですので
1.3倍でおさまり、コストパフォーマンスは約2倍に向上しました。
BtoBマーケティングのように、ターゲットが限定されるマーケットの場合は、
コストより、レスポンス率が重視され、こうした施策は有効と思われます。

FAX DMではオファーが重要なポイント

オファー(プレゼント)のあるなしでレスポンスは3倍違う
簡単に原稿を作成できる(本当はむずかしい)FAX DMは新規マーケットの有力な開拓手段です。しかし、手軽である反面、情報量が限られ、表現がモノトーンのため他媒体と比較すると、訴求力には欠けます。 これを補うのが、オファーです。この効果は、多くの事例で検証されています。 しかし、レスポンスが成果につながらないことがあります。その原因は・・・

オファーの意味を正確に捉えると成果が見えてくる

オファーには、製品、サービス、製品やサービスに関するあらゆる約束、保証が
含まれます。この意味からするとプレゼントは、オファーのほんの一部なのです。
こうしたオファーの性格から、プレゼントは製品やサービスに関連したものがベター。
ビジネスの切っ掛けづくりに役立つプレゼントが、もっとも価値があるのです。